ウォーターサーバーのメリットとデメリット

美味しくて安全性の高いお水を、自宅まで配達してもらえるウォーターサーバーは、忙しい方、赤ちゃんがいる方などに人気となっています。
ウォーターサーバーを導入することで、買い物へ行かなくても、いつでも美味しい天然水を自宅で飲むことができますし、赤ちゃんのミルクにも安心して使用できるRO水を配達してもらうこともできます。

ウォーターサーバーは冷水と温水、それぞれを保温しておくこともできますので、お茶を飲んだりミルクを溶かす際にも、いちいちお湯をわかすといった手間がありません。



使いたいときに、使いたい温度の美味しいお水が出て来る、それがウォーターサーバーの大きなメリットだといえるでしょう。

多数のメリットがあるウォーターサーバーの設置ですが、反対にデメリットといえるような点はあるのでしょうか。

まず、最初に考えられる点として、多少のコストがかかる、ということが挙げられるでしょう。



サーバー本体は無料でレンタルできる場合もありますが、宅配水は購入する必要がありますので、その分の費用がかかります。
また、サーバーは24時間稼働させておくものですので、月あたり千円程度の、電気代がかかるといわれています。



しかし、最近では節電タイプのサーバーも提供されるようになっていますので、より電気代の負担を下げることが可能です。

設置することでのメリットとデメリット、それぞれを考慮した上で、サーバー選びをすることが大切です。