食べ過ぎ防止にウォーターサーバーの水

食事のスピードが早すぎる人は、太りやすいです。


満腹中枢が働く前にお腹いっぱいまで食べてしまうので、太りやすくなります。また、よく噛まずに食べるので消化吸収が悪くなりやすいです。
食事のスピードをゆっくりしたい場合は、食事の前にコップ1杯程度の水を飲んでおくといいです。
水を飲むことで空腹感を減らして、一気に食べてしまうのを防ぎます。食事中に飲んでもいいですが、大量に飲むと胃液が薄まって消化が悪くなります。

これが太る原因になることもあるので、気をつけましょう。

理想的なのは食事の30分くらい前に水を飲んでおくことです。水を飲むことで「食べたい」という気持ちを和らげて、食事スピードを緩めることができます。



食事が終わったら普通の水を飲んでも良いので、食べ過ぎに注意しながら水分を補給しましょう。

ウォーターサーバーの水であれば、天然水ならまろやかで美味しく、RO水ならば安全性が高い水を飲むことができます。ダイエット向きなのは天然水で、マグネシウムやバナジウムが含まれている水です。



マグネシウムは腸を刺激してお通じをよくしてくれます。



バナジウムは血糖値の上昇を抑えて肥満ホルモンインスリンの分泌を節約してくれます。

ウォーターサーバーの水を早食い防止に使うことで、肥満を防止することができます。

ウォーターサーバーなら冷水はもちろん、温水が使えるタイプもあるので、温かいお湯で気持ちを和らげたいという時にも適しています。