潰して捨てられるボトルのウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、本体だけではなく水が入っているボトルの置き場所と空のボトルの置き場所も必要です。

大きな家ならばいいですが、一人暮らしでワンルーム住まいとなると、体のボトルまで置いている余裕がないかもしれません。



そういう人に便利なのが、使い終わったら潰して捨てられるワンウェイ方式のボトルです。



リターナブルボトルという回収して使い回すボトルと違い、使い終わったら自分で潰して捨てるタイプなので、空のボトルを置いておく場所を必要としません。

ペットボトル素材で少し潰しづらいですが、その場合ならばウォーターパックというパック式のものだと折りたたむだけで簡単に捨てることができます。一人暮らしでウォーターサーバーを使うならば、小さいボトルやパックを採用しているものが適しているでしょう。

容量が小さいほど新鮮な水を飲むことができます。

ウォーターサーバーに設置した水の賞味期限は2週間なので、一人で飲んでいると飲みきれなくて賞味期限が過ぎてしまう可能性もあります。

なので、小さめの容量を選んでおいたほうがおいしい水が飲めます。

サーバー自体の設置面積を少なくしたいのであれば、卓上タイプやA4用紙2枚分くらいの面積で設置できるものがあるので、それを選ぶといいです。冷水機能だけで、温水機能は使わないという人であれば、さらに小さなサイズのウォーターサーバーもあります。

場所をとりたくない人は、潰して捨てられるワンウェイタイプを選ぶといいでしょう。